貸し借りで見ると貸借対照表の意味がわかりやすい

貸し方、借り方、は簿記ではけっこう概念的にわからない部分があるのではないでしょうか?
貸借対照表において、右の資本と左の負債・純資産は、貸し借りで見ることが出来ます。

貸借対照表の右と左

貸借対照表の左と右は、借り方・貸し方に分かれますが、これが感覚としては分かりづらいですよね。

でも、借り方・貸し方で覚えるよりは、資産は左、負債と自己資本は右と先に覚えましょう。
会社は法人格を持っています。
法律に規定されている人格、と読むことが出来ます。

そう考えると、人に見立てた場合、家計簿を想像してみるとわかりやすいかもしれません。

借りるなら、貸してくれる方があるはずの発想

貸借対照表にある左の資産は、資産を揃えるためにお金を借りなくてはなりません。
自分のお金で買ったとしても、そのお金はどこから来たのか?
つまり、お金を貸してくれる人がいて、そのお金を借りて作ったのが資産、となります。

法人は自分で作っても、自分のものではなく、法律に規定されている人格となり、自分が創業者であっても、会社は自分自身ではありません。

よって、会社に自分のお金を出すということは、会社に貸すとなります。
自分のお金や銀行からの借入金は、貸し方に分類します。
なぜなら、そのお金を会社に貸す、となるからです。

損益計算書における借り方と貸方

損益計算書を作る上でも、借り方と貸し方はあります。

貸方は、お金を貸す方なので、お金を持っていないといけません。
よって、お金はどっからくるかというと、収益です。

借方は、お金を使って運営する方なので、費用となります。
収益の一部を貸してもらって、その貸してもらったお金、つまり借りたお金を使ってモノを買ったり、賃金を払ったりします。

株式投資の視点

投資家としては、簿記を極めるわけではないので、特に借方貸方を覚える必要はありません。
概念だけ理解すればいいでしょう。

有価証券報告書には、貸借対照表は乗っていますが、そこに簿記用語の借方と貸方は出てきません。
あくまでも仕事として経理を演る人が覚えていればいい仕訳方法です。

とはいえ、財務の数字は読めないと投資に使えませんから、財務三表(貸借対照表、損益計算書、キャッシュフロー計算書)は読めたほうが良いですよね。

関連記事