財務三表を簡単に読み解く3つの方法とは?【株式投資に役に立つ!】

財務三表は、有価証券報告書に記載されているものですね。
株式投資においては、この財務三表である「貸借対照表」「損益計算書」「キャッシュフロー計算書」を読み解く力が必要となってきます。

とはいえ、別に深いところまで企業分析する必要は基本的になく、投資しようとする企業の経営状態を把握するのに活用すれば良いということになります。

財務三表を簡単に読み解くには、以下の指標を重点的に見れば十分です。

財務三表を簡単に読み解く3つの方法

財務三表は、チェックすべき3つの指標があります。
その3つの指標さえチェックする方法だけ身につければ、最低限の判断はできます。

安全性、収益性、成長性の3つの指標をチェックする方法は以下のとおりです。

安全性をチェック

貸借対照表で、自己資本、つまり純資本をチェックします。
これをもとに、自己資本比率を見ていきます。
また、これらは有価証券報告書に記載されていることが多いです。

他にも貸借対照表から有利子負債を計算して、営業利益から見て返済可能な規模かどうかも見ることが出来ます。

収益性をチェック

貸借対照表から、総資産利益率(ROA)や株主資本利益率(ROE)を計算します。
といっても、すでにヤフーファイナンスや他の株価閲覧サイトには、この2つについて記載があります。
自分で計算しなくても済みますし、最近では有価証券報告書にROEは記載されていることが多いです。

また損益計算書の売上と営業利益を見て、売上高営業利益率を計算し、過去3ヶ年の推移を見ることも有効です。

成長性をチェック

損益計算書にある売上と営業利益を、当期、前期、前前期の3ヶ年で比較します。
それぞれ対前年の伸び率を計算すると成長性が分かります。

有価証券報告書は必ず目を通すべき

有価証券報告書は、財務三表のみならず、事業のリスク、事業展開の目標や戦略なども記載されています。
これらの情報をもとに、将来の利益とリスクを正しく把握して、安心して投資できるかを決めます。

読むのはそれほど難しくはありません。
企業買収などのデューデリジェンスではもっと深く読み込んで、将来の期待値をもとに買収価値を図りますが、一般投資家はそこまで必要ありません。

株式投資の視点

財務三表である「貸借対照表」「損益計算書」「キャッシュフロー計算書」を読むのはは株式投資をする上で、必須のリテラシーです。
株価の動きだけでその企業を判断するのは非常に危険で、知っている企業、知名度の高い企業、なんだか人気の企業、というだけで投資すると、含み損が発生して、塩漬けになりかねません。

現在の株価は過去の業績と相関関係にあるかは、実は分かりません。
とはいえ、少なくとも株価が低迷しているようであれば、財務的に魅力がない企業ということで、有価証券報告書を読めば納得できます。

逆に財務が良くて株価が低迷しているようであれば、将来上昇する期待を込めて、投資するのはありです。

関連記事