貸借対照表の流動資産とは?【株式投資の視点から見る】

貸借対照表にある流動資産は、メーカーと商社ではその内容が違います。
とはいえ、重要な項目はどの企業も同じなので、株式投資の観点から流動資産を見てみましょ。

流動資産とは?

流動資産は、貸借対照表の資産の部に明記されています。
例えば以下のものが明記されています。

現金及び預金(現金同等物)
受取手形及び売掛金
有価証券
販売金融債権
商品及び製品
仕掛品
原材料及び貯蔵品
営業債権及びその他債権
棚卸資産
前渡金
貸倒引当金など

流動資産の期間は?

流動資産は1年以内に資金できる項目、となります。
厳密にはルールは以下のように規定されます。

1.正常営業循環基準
企業の営業活動において、仕入れた商品や自社で製造した商品を在庫として計上、そして販売した後に、代金回収して現金化のサイクルを基準とするものです。
循環と言われるとおり、仕入れ→製造→販売→代金回収→仕入れ→製造→販売→代金回収….と続く営業活動のことを指します。
これは通常、当月末締め、翌月末払い、などであれば、正常な期間、つまり営業循環「期間」での代金回収となります。
よって、普通であれば1年以内に回収できることになります。

2.1年基準(ワン・イヤールール)
通常営業活動で得られる現金以外のもので、会社の営業活動(主目的)以外の収益で、1年以内に回収出来るものに適用されるルールです。
貸借対照日の翌日から起算、1年以内に回収期間がくる資産に適用します。

いずれにしても、最初に述べた1年以内に資金化できる短期資産と覚えれば問題ありません。

流動資産のどこを見るべき?

流動資産で一番大切なのは、現金及び預金(現金同等物)です。
また、有価証券も流動性確保(現金化)がしやすいので、流動資産に含まれているようであればどの程度保有しているのか要チェックです。

仕掛品や製品・商品などはすぐに全部を劇んか出来るとは限らず、不良在庫として積み上がることもあります。
営業債権なども相手がすぐにお金を支払ってくれたら良いのですが、倒産してしまったら回収不能となります。

株式投資の視点

つまり、投資家から見たら、流動資産の現金及び預金は必ずチェックしないといけません。
短期負債を返済するのに、十分な預金はあるか、運転資金を見極めるのに必要な項目です。

関連記事