経常利益を株式投資の指標とするべきではない理由とは?

国際財務報告基準(IFRS)導入以前は、企業の収益を判断するのに経常利益を見ていました。
今では、経常利益は参考程度になっています。

その理由は会計制度の変更によるものです。

経常利益だけじゃその企業の全体が見えない

経常利益を算出するには、以下の項目の加減によります。

売上高から以下を加減します。

・引くもの
売上原価、販売費及び一般管理費、営業外費用
・足すもの
営業外収益

営業外収益や費用については、本業で生じるものではありません。
といっても、営業外収益がどの程度あって、営業外費用がどの程度かかっているのか、経常利益における比率として計算すると面白いですよ。

会計制度の変更によって、海外の投資家は同じ国際会計基準で日本の企業分析が出来るようになりました。
日本では従前に経常利益を利用していたところ、海外では当期純利益、そして包括利益を見て投資することにより、日本での株式投資でも国際系基準に倣って投資判断をするようになってきました。

つまり、個人投資家が経常利益を見ていても、機関投資家が当期純利益や包括利益を参考に投資判断をしていれば、資金量から言って機関投資家の投資行動の方が重要になってきます。

株式投資の視点

株式投資をする上では、企業の収益や最終利益を判断するのに、当期純利益を参考にします。
包括利益も参考としますが、この部分は時価評価によるものがあり、企業買収などでは重要になりますが、短期中期の株式投資では正直参考にしません。

もちろん、海外事業の比率が高い企業の場合は、包括利益に為替の影響受ける項目もあるので、参考になることもあります。

経営分析においては、経常利益を使用して各種分析を行います。
株式投資とはちょっと支店が違うので、興味があればそちらを調べるといいですよ、ということになります。

関連記事