当期純利益と営業利益の違いを株式投資の観点から考える

当期純利益は、有価証券報告その連結損益計算書に記載があります。
企業が本業で稼いだ収益(損失)は、経常利益を見ると分かりますが、その他の収益や費用を加味して、最終的に当期純利益が計算されます。

企業のその年度の活動を見ると、営業利益が出ていても、当期純利益がマイナスになることもあります。
営業利益はあくまでもその企業の営業活動の結果に積み上がった利益で、本業が順調かどうかを見る指標としては非常に有効ですが、決算が黒字化赤字化までは分かりません。

それを計算するのが当期純利益です。

当期純利益の算出経過を見る

損益計算書において、最終的に税引き後の利益となります。

当期純利益 = 売上高 – 原価(製造業の場合) – 販売費及び一般管理費 + 営業外収益 – 営業外費用 + 特別利益 – 特別損益 – 法人税等税金合計

当期純利益が算出された後に、為替換算調整勘定やその他有価証券評価差額金、退職給付にかかる調整額、持分法適用会社に対する持分総額などを足したり引いたりして、包括利益が算出されます。

企業価値を厳密に見ていくのであれば、包括利益までしっかりと分析したほうが良いです。

株式投資の視点

当期純利益が黒字でない企業に投資する人もなかなかいないとは思いますが、そうはいっても数字にはいろんな要素が隠れています。

メルカリのように手数料収入はしっかり稼いで黒字なのに、宣伝費や開発費で事業拡大を行っていて、最終利益は赤字です。
でも、これらの費用を節約すれば、黒字になりますから、まずはシェアを拡大する戦略を優先させて、その後に利益をとっていくと分析できます。

他にも、特別利益や特別損失の数字によって、当期純利益が赤字になっているような企業だと、本業に影響するものなのか、一時的なものなのか判断する必要があります。

特別利益を計上することによって、赤字決算を回避しようとするのは、よくある手段です。
本業のが振るわず、経常利益の時点で赤字になり、特別利益を計上するために土地や有価証券を売って利益を計上するやり方です。
この場合は、数年後の事業収入に不安を覚えます。

逆に、特別損失を計上する場合は、不良資産の処理、リストラによる割増退職金の支払いなどがあります。
本業で体力があるうちに、こうしたマイナス要素を出してしまって、決算は黒字を確保するということをやります。
本業が赤字で、リストラをその時点で行うと、特別損失が膨らんで、当期純損失が膨大になります。
株式市場ではよろしくない結果です。

株式投資においてはこの点に十分注意が必要です。

関連記事