親会社株主に帰属する当期純利益は株式投資で重視する?

親会社株主に帰属する当期純利益または損失は、有価証券報告書の連結損益計算書に記載があります。
当期純利益(損失)の後に、非支配株主に帰属する当期純利益を引いて、親会社株主に帰属する当期純利益が出てきます。

親会社株主に帰属する当期純利益と非支配株主に帰属する純利益

親会社株主というのは、その有価証券報告書を作成した企業の株主で、文字通り親会社です。
連結対象というのは、親会社、関連子会社(100%出資など)、関連会社とあります。
関連会社の株は、親会社の株主以外のが所有しています。

つまり、親会社の影響力が及ばない第三者が所有している株で、親会社から見たら支配できない株です。
株を持っているということは、議決権があり、その議決権の行使を支配できないので、非支配株主となります。

株主は出資者ですから、関連企業の利益は、親会社と非支配株主で株の所有比率で分配します。

A社という関連会社があったとして、利益が100万円、親会社20%の株式保有のため20万円の分配、非支配株主は80%の株式保有のため80万円の分配となります。
(正確には配当金となりますが、便宜上利益の分配とします。)

親会社の最終利益を算出する上で、当期純利益から非支配株主に帰属する利益を差し引くと、親会社株主に帰属する当期純利益が算出されます。

株式投資の視点

株式投資においては、当期純利益から非支配株主に帰属する当期純利益を引いた、親会社に帰属する当期純利益を重視するかというと、参考程度です。
非支配株主に帰属する当期純利益が大きすぎて、親会社株主に帰属する当期純利益がマイナスになることになったら大変ですけど、そこまでのいびつな構造はほぼないでしょう。

非支配株主がどのていどいるのか、有価証券報告書には関連会社情報が記載されているので、興味があれば同時に分析してもていいでしょう。
ただ、企業買収であれば重要な情報ですけど、短期中期の株式投資ではほぼ重視しないと言っても良いかもしれません。

関連記事