キャッシュフロー計算書の簡単な読み方とは?【株式投資に役立つ!】

キャッシュフロー計算書は、そんなに難しくはありません。
個人投資家でもコツを掴めばだいたいの現金の流れがわかります。

有価証券報告書にある連結損益計算書は、会計年度中の営業活動で得た利益と損失を計算します。
ただし、利益が出ていても、現金が発生しているかは別の話です。
なぜなら、販売する時に売掛、つまりローンなどで販売したら、商品を売ってすぐに現金が手に入りません。
ローンですから、数ヶ月から1年、あるいは数年に渡ってローンが組まれることもあります。

そうなると、利益が出ているけど、現金は手元にない、ということになってしまいます。

現金がないということは、どうなるか?
原材料を仕入れて、支払いを行いますが、販売時のローンと同じく複数年で支払うことは可能ですか?

買掛金、つまりツケで原材料を買ったとしても、支払いはせいぜい翌月払いや3ヶ月後払になります。
いずれは現金で支払わなければなりませんから、売ったら現金を手に入れないといけないんです。
その現金がどの程度あるのか、を計算したのがキャッシュフロー計算書です。

もちろん、企業運営には営業活動、財務活動、投資活動があり、それぞれにキャッシュが増減します。

今からそれぞれのキャッシュフローを見ていきましょう。

キャッシュフロー計算書の目的は?

キャッシュフロー計算書の目的は、たったひとつ。

現金がいくらあるかを計算する

これが主たる目的です。
もう随分前からキャッシュフロー経営なんて言われています。
手元資金を最大化するように経営することで、経営体力の増強のみならず、黒字倒産の回避や新規投資への素早い対応が可能になります。

手元の現金があれば、銀行からの借入にかかる煩雑な手続きを経る必要がなく、すぐに対応することが出来るので、時機を逃すことが無くなります。

キャッシュフロー計算書の種類は3つ

キャッシュフロー計算書は、3つあります。
それが下記になります。

営業活動によるキャッシュフロー

営業活動によって生じる現金の増減です。
税金等調整前当期純利益(損失)に減価償却費などを加減して計算します。

上述したとおり、販売活動においては売掛があります。
例えば自動車販売の場合は、一括で自動車を買う人は少なく、ローンを組みます。
そうなると自動車販売会社はローンによってすぐに手元に現金が入りません。
売掛金が期中に増加すると、売上は増えても手持ち現金が減ることを意味します。

ひとつ重要なことは、減価償却費がプラスになるということです。
損益計算書では減価償却費をマイナスして当期純利益が算出されます。
実際は、減価償却費というのは帳簿上の金額だけで過去の投資金額を複数年で割って計上しているに過ぎません。
よってこの分は実際にはキャッシュアウトしていませんから、キャッシュフロー計算書では金額を戻してあげる必要があります。

最後に、法人税等の支払額を引いて、営業活動によるキャッシュフローが計算されます。

投資活動によるキャッシュフロー

さん
投資加藤堂によるキャッシュフローは、短期投資の増減であったり、固定資産の取得(投資)あるいは売却によるキャッシュを計算します。

要は、固定資産や投資有価証券の購入あるいは売却に関する現金の流れとなります。

剰余金や借入によって、固定資産を得たときは、固定資産の取得による支出が増えます。
借入によって固定資産が取得されたのであれば、財務活動によるキャッシュフローにもその動きが反映されます。

財務活動によるキャッシュフロー

財務活動によるキャッシュフローは、短期借入金の返済や追加借入の増減、社債発行による収入や償還による支出、長期借入による収入などが記載されます。
配当金の支払い、子会社株式の取得やリース債務の返済による支出もあります。

借入金や社債を起こしたら、それは収入として計上され、キャッシュは増えます。

株式投資の視点

株式投資では、むしろ投資活動と財務活動によるキャッシュの増減を重視します。

投資活動でキャッシュが増えたら、資産を売却したということ。
もしかしたら営業利益が悪くなって、赤字決算にしないために資産を売却したんではないか?と考えます。
逆にキャッシュが減ったら、何かの投資をして、将来的な収益を生む計画を実行したんではないかと考えます。

財務活動でキャッシュが増えたら、借入などが増加したのではと確認します。
逆にキャッシュが減ったら、借金をしっかりと返しているのかと確認します。

営業活動では、常に現金が手元にあって、流動性負債を返済する以上の手持ち現金があるか、また有利負債を何年で返済できるレベルのキャッシュを生んでいるのかを見ます。

企業のキャッシュは、3つの活動から増減するものなので、投資したい企業のキャッシュフロー計算書はしっかりチェックしましょう。

関連記事