投資活動によるキャッシュフローはどんな意味を持つの?【株式投資で必要な基礎知識】

投資活動によるキャッシュフローは、有価証券報告書にありますが、お金のインとアウトを見る上でとても重要な計算書です。
項目を全部把握する必要はありませんが、なぜプラスなのか、なぜマイナスなのか、を考えながら分析する必要があります。

投資活動によるキャッシュフローはプラスとマイナスの意味が重要

では早速、全日空(ANA)の投資活動によるキャッシュフローを見ていきましょう。

投資に関する項目なので、定期預金、有価証券、有形固定資産、無形固定資産が主たる項目となります。
投資活動によるキャッシュフローの増減を見るには、以下が重要になってきます。

定期預金の預入による支出がプラスの時は、預金したので現金が減る、支出がマイナスになると預金を引き出すので現金がプラス。
有価証券取得による支出がプラスの時は、投資しているので現金が減る。、マイナスの時は投資が減っているので現金が残る。
有価証券の償還による収入がプラスの時は、現金を得ている、マイナスの時は収入が減るので現金も減る。
固定資産取得でプラスの時は、お金出して買っているので現金が減る、マイナスの時は投資が減っているからお金が残る。

お金の増減を想像しながら読むと、イメージしやすいかと思います。

株式投資の視点

経営が厳しい時は、投資活動によるキャッシュフローはプラスになります。
なぜなら資産を売却するからです。
逆に経営が順調だと、将来の収益増のために設備投資などをするため、キャッシュフローは少なくなります。
必ずしもマイナスになるとは限りません。

また、経営状態が良ければ、剰余金を有価証券に変えたり、定期預金に回したりもします。

会社の決算が対前年で悪い場合、投資活動をチェックして、キャッシュフローが対前年比プラスであれば、資産を取り崩している状況と判断できます。

関連記事