ROA(総資産利益率)は株式投資でどのくらい重要指標なのか?

ROA(総資本利益率)は総資本を用いて、どのくらいの収益を上げたのかを見る指標です。
総資本利益率と表記している書籍やサイトもあれば、総資本経常利益率や総資本事業利益率と表記している書籍もあります。

Return on Assetsの略で、ROAと書きます。
前置詞のonを見ると、意味は「於ける」となりますから、総資産における利益と読むことが出来ます。

ROAの計算や概念、株式投資での視点を見ていきましょう。

ROA(総資産利益率)の計算

一般的にROA(総資本利益率)の計算式は、以下のように表記されています。

ROA(総資本利益率) = 経常利益 ÷ 総資本 x 100

総資本は、貸借対照表の左側を見ます。
といっても、右側の負債と資本の総計と等しいので、右も左も同じなのですが。

総資産は、事業を行う上で必要な材料、設備、土地、建物(工場など)、現金や預金などから構成されています。
対して、当期純利益を分子として計算するのは、総資産に対応した利益では有りません。
なぜなら、当期純利益は借入金の利子返済や社債の償還、税金、株主配当(利益の還元)などを控除したものであって、収益を上げるための総資産に対応するにはロジックが合いません。

あくまでも、総資産を使って得た収益のみを対象としているので、経常利益で計算するのが正解です。

資本の概念

総資産を形成するものは、つまり、材料、設備、土地、建物(工場など)、現金や預金を構成するもととなるのは、自己資本と他人資本です。
自己資本は資本金などの純資産で、他人資本は借入金や社債などの負債です。
資本を使用して収益を上げる企業から見たら、総資産の由来(自己資本か他人資本)は関係ないのです。
つまり、自己資本と他人資本を使って得た資産を使って、どの程度の利益を得たかがROAなのです。

仮に、株主配当や支払利子を抜いた当期純利益を分子として計算してしまうと、分母には他人資本が含まれているので、分母と分子が正しく対応しないことになります。

分母に他人資本が入っているのであれば、分子の利益には他人に償還するはずの費用が入っていないとロジックがあいません。
他人資本を含めて稼いだ収益は、他人資本に償還すべき利子を含めることが必要です。

厳密に言うと、「事業利益+金融利益」を分子として計算すべき指標となります。

ROA(総資産利益率)は有価証券報告書あるか?

ちなみに、有価証券報告書にはROAはあまり記載されていません。
もちろん、企業によってはROAも記載されている悠佳小証券報告書を作成しています。

殆どの場合、有価証券報告書の「第一部【企業情報】 第1【企業の概況】1【主要な経営指標等の推移】 (1)連結経営指標等」という部分にあります。
有価証券報告書を見ると、たいてい4ページか5ページ目くらいに表があって、そこに経営指標が記載されています。
ROAもここに記載されていることがあります。

とはいえ、証券会社が利用者に提供している企業情報(株価情報)やヤフーファイナンスなどにROAが記載されています。
だいたいの場合は、こういったサイトを利用すれば情報は取れます。

株式投資の視点

株式投資を行う上で、ROAを見る理由としては以下があります。

  1. 資本効率がいい会社か?
  2. 経営効率がいいと判断できるので、市況が悪くなっても臨機応変位対応できそうな感じがする。

  3. 競合他者との比較をする
  4. 投資する上で、ROA単体だけを見ただけでは投資に値するか分かりません。競合他社の水準を見て、効率的な経営をしているのかを判断します。

ROAだけをみて、効率がいいとか悪いとかは正直判断できません。
あくまでも企業分析の一つの指標であって、ROEとの対比や自己資本比率、有利子負債比率などを見ていく必要があります。
ただ、業界研究をする上では、資本金や資産額を並べるよりは、ROAを複数社で比較すると、財務分析のとっかかりが出来てきます。

ROAがいいのに、株価が低いのはなぜか?と疑問が出てきたら、しっかりと財務分析はしましょう。
損しないために。

関連記事