ROAとROEはどう違うのか?【株価分析ツールとして活用しよう】

ROAは、総資産利益率。
ROEは、自己資本利益率。

財務諸表で計算する上で、参照する数字が両方とも違います。
株式投資では両方とも分析ツールとして活用しますが、概念の違いはしっかりと頭に入れておかなければなりません。

ROAとROEの違い

ROAは、経常利益を総資産で割って、1資産あたりの利益率を求めます。
ROEは、税引き後の当期純利益を自己資本(株主資本)で割って、1自己資本あたりの利益率を求めます。

計算式は以下となります。

ROAの計算

ROAの計算式はこれ。

ROA(総資本利益率) = 経常利益 ÷ 総資本 x 100

この式から分かるように、ROAは総資本を使って、どのくらいの利益を稼いだのかを見ます。
土地、建物、在庫、材料、現金、車、その他の資本を全部使って稼いだ利益を除して求めます。

ROEの計算

ROEの計算式はこれ。

ROE(自己資本利益率) = 当期純利益 ÷ 自己資本 x 100

この式から分かるように、ROEは自己資本(株主資本)を使って、どのくらいの純利益を稼いだのかを見ます。
純利益は税引き後の利益で、税金や利子支払、配当の払込が終わった後の純利益が残っていれば残っているほど、効率の良い経営とみなします。

株式投資の視点

株式投資では、ROAもROEも株価分析には必要な指標です。

経営効率が良いか悪いかは、この2つから判断できます。
もっとも、原因を探ろうとすると、より突っ込んだ経営分析が必要となります。

まずは銘柄のスクリーニングをする時に使用して、詳細なファンダメンタル分析に進むための指標と捉えておけばいいでしょう。

関連記事