親会社所有者帰属持分比率と自己資本比率の違いとは?

親会社所有者帰属持分比率は、資産に占める親会社の株主が所有する資産相当の比率です。
つまり、総資産に占める自己資本となります。

会計用語をどのように用いるのかは、それぞれの会社にある程度裁量があるので、親会社所有者貴族持分比率と言われても、検索してもなかなか出てこないので困ります。

上記から見ると、親会社所有者帰属持分比率と自己資本比率の違いは数字上では無いと言って良いかもしれません。

株式投資の視点

株式投資から見ると、有価証券報告書を読み込む時に、会計用語が分からない、という問題に直面します。

今回の場合もきっとわからない状況なんだろうなと思いますが、丁寧に情報を拾っていって、有価証券報告書の数字をあたると、親会社所有者貴族持分比率というのは、自己資本比率と言っても差し支えないのが数字から見て取れます。

関連記事