負債比率と有利子負債比率の違いは?【株式投資で役に立つ分析指標】

貸借対照表には自己資本と他人資本である負債が記載されています。
企業の運営においては、負債を上手に使って企業規模を拡大することがあります。
ただし、利益が上がらず負債が膨らむことも有り、投資においては安全性がかける企業も中にはあります。

そのため、負債比率を安全性の指標として分析します。
また、有利子負債比率を企業の安全性を測る指標として用いる方が多いです。

負債比率と有利子負債比率の違い

負債比率と有利子負債比率は、計算に含まれるものが若干違います。
そのため、目的に応じて使い分けます。

ANAの有価証券報告書にある貸借対照表を参考として見てみましょう。
負債の部には、有利子負債やリース、社債の償還などがあります。
またその他にも、未払い法人税や賞与引当金、役員退職慰労引当金、資産除去債務、退職給付にかかる負債などが計上されています。
この中で、資金が外部に流れる項目は、有利子負債となる借入金やリース、社債などになります。
これらの利子等は純利益から返済されますから、できるだけ有利子負債を圧縮するか、あるいは利息を小さくするために銀行に交渉したり借り換えをする必要があります。

ちなみに、リースは本体代金に利子が上乗せされて支払うため、有利子負債と同等とみなされます。

負債比率の計算式

計算式は以下となります。

負債比率 = 負債 ÷ 純資産(自己資本)

この場合は、負債の部と純資産の部を単純に比率化しているだけなので、大雑把な計算となります。
とはいえ、その企業が自己資本に対してどの程度の負債を抱えているのかがざっくり分かるので、有価証券報告書の貸借対照表を見て、簡単に計算することが可能です。

さらに経営にインパクトの大きい有利子負債を分析することで、経営の安全性がより詳しく分かります。

有利子負債比率の計算式

計算式は以下となります。

負債比率 = (借入金 + リース + 社債) ÷ 純資産(自己資本)

計算式にある通り、有利子負債を純資産で割ることで、資本に対して有利子負債がどの程度の規模か分かります。
これが純資産を超えて、2倍や3倍になると経営としては安全性を欠いてくることになります。
十分に営業利益が上がっていて、且つ、営業キャッシュフローが充分であれば、利息含めて流動負債の返済は問題ないと判断できます。
これを判断する指標が、有利子負債月商倍率です。
有価証券報告書を読む時に、こうした指標はエクセルで計算式を作っておいて、数字を入れれば自動計算できると投資の目安になります。

株式投資の視点

株式投資で分析するのであれば、有利子負債比率を用います。
経営の安全性を測る上で、利子支払が必要な借入金がどの程度あって、返済は可能なのか?
また1年以内に支払う利子がどの程度あるのか、それによって流動性が制約を受けて、当期純利益がどれほど圧迫されるのか?

こういった視点で投資したい企業を分析します。

関連記事