売上高伸び率とは?【株式投資の財務分析指標】

売上高伸び率は、企業の成長性を測る指標です。
毎年売上が伸びていれば、成長性が高いと判断できます。

売上高伸び率の計算式

計算式は以下となります。

売上高伸び率 = 当期売上高 ÷ 前期売上高 – 1 (%)

式自体は非常に簡単です。
昨年よりも売上が伸びているのであれば成長性がある、と判断する根拠になります。

株式投資の視点

投資先をスクリーニングする時に、過去数年間の売上の推移を分析します。
毎年売上が伸びているようであれば、ビジネスは順調であると判断はできます。
一方で、営業利益は伸びているのか、も同時に調べる必要があります。

なぜなら、売上は成長しているけれど、その分以上にコストも増えていて、営業利益を圧迫していることもあるからです。

関連記事