株価収益率(Price Earning Ratio:PER)は株式投資で重要か?

PERは株価収益率といい、Price earning Ratioの略です。
株式投資ではよくPERが何倍とかと目にします。
バリュー株を探すときの指標として使われます。

PERの計算方法

株価収益率は、以下の式で算定可能です。

PER = 株価 ÷ 1株当り当期純利益 = 時価総額 ÷ 税引き後当期純利益

有価証券報告書にあるPERとヤフーファイナンスなどにあるPERは、数値が違っていることがあります。
なぜなら、1株利益は決算時点の数字を使いますが、株価が時価だったりするからです。
そのため、株価を時価でPERを計算することは、一種の矛盾をはらんでいます。
時価でPERで計算するのであれば、決算時点での1株当り利益を使用するべきではなく、時価時点で1株当り利益を計算してPERを算出しなくてはなりません。
なぜなら、資産や負債は期中に変動するからです。

とはいえ、すごく大きな差異になるかと言えば、必ずしもそうではないと考えます。
いずれにしても、PERを使って投資判断をするのであれば、株価が時価であった場合の矛盾を念頭に、その他の財務指標で投資判断をしていきましょう。

企業価値の物差し

企業価値を判断する指標は、株価が最たるものです。
もちろん、有価証券報告書に記載されている財務諸表を詳細に分析して、将来においてどの程度の価値が生み出されるか、そのためには資本が効率よく使用されているのか、リスクはどの程度か、と分析することも必要です。

市場のその企業の評価となる株価は、必ずしも短期的にはその企業の財務的な価値を反映していないかもしれません。
長期目線で言えば、株可能上下は市況の影響を受けて発生はしますが、業績が良い企業、資本効率が良い企業の株価は相対的に評価されます。

その場合、その企業に投資をすべきかどうかは財務分析で行い、現時点で投資すべきかどうかはPERから株価を株価が適正かを判断します。

株式投資の視点

PERは株式投資では参考になる指標です。
実際に、銘柄のスクリーニングを行う時の条件として使われます。
例えば、PERが10倍以下などと数値を設定してスクリーニングします。

とはいえ、PERが高いから割高か、と言われると相場状況によります。
PERが15倍を超えると高いとされることもあるし、ITバブルのときのように25倍でも高くないと言われたこともあります。
全体的相場が好調で、日経平均株価が上昇しているときには、資金が流入していますから、PERの倍率も全体的に高くなりがちです。

PERは絶対的な指標では有りませんから、PERが低そうだからエントリーしよう、というのは早計です。
他の財務指標もしっかりと目を通して、エントリーすべきかどうかを決定すべきです。
もちろん、PERもその指標の一つであるので、スクリーニングをする際には活用すべきだと考えます。

関連記事