株価純資産倍率(PBR)とは?【計算式やPERとの違いも見てみよう】

株価純資産倍率(PBR:Price Book-value Ratio)とは、企業の価値を測定する財務指標の一つです。
英語にBook valueとついているので、これは純資産の簿価を表します。
この簿価と株価の関係を表したのがPBRです。

株価純資産倍率(PBR)の計算式

計算式は以下のように求められます。

PBR = 株式時価総額 ÷ 純資産

貸借対照表にある純資産は簿価ですが、株式の時価総額を純資産で除すと株価純資産倍率が求められます。
また、以下の式も同等の意味を持ちます。
有価証券報告書にはだいたいどの企業も記載していますが、「一株あたりの純資産(BPS)」を使って求めます。

PBR = 株価 ÷ 一株あたりの純資産

PBRはヤフーファイナンスや証券会社の銘柄情報には記載があると思います。

PBRとPER(株価収益率)の違い

PBRとPERは、ともに株価や株式時価総額を対象としている点で共通ですが、違いは以下となります。

  • PBRは純資産(簿価)を分母とする
  • PERは純利益を分母とする

つまり、その企業の利益を指標として企業価値を判断するのがPER(株価収益率)、その企業の純資産を指標として企業価値を判断するのがPBR(株価純資産倍率)、となります。

どっちの指標が優れているのか、ということはありません。
両方とも企業の業績分析には必要な指標であり、企業価値を判断するには両方とも見ていかないといけません。

株の時価総額

株式の時価総額は、その企業の市場価値として評価される数字となります。
株式発行数と株価(時価)を掛け合わせて求めますが、株価が上昇している限りにおいては企業価値が増大していきます。

株式発行総数の中で、株主構成を見ていくと、株価に大きく影響を与えるのがどこのセクターなのかが想像できます。
創業者一族が株の大半を持っていれば、市場に通留置している株は少ないので株価の変動が起きやすいです。
機関投資家などが保有しているとなると、何かのタイミングで保有株式を売却することがあるので価格の変動要素になります。

株式投資の視点

PERは株価に対して、株を買うタイミングとして今のか、という判断に使うことが多いです。

対して、PBRは純資産に対して、現在の株価が妥当なのかは、倍率を見て判断します。
例えば、PBRが1倍のときには、その企業の簿価と時価総額が同等なので、価値を生んでいないと判断されます。
1倍を下回る場合は、純資産を効率的に活用した経営を行っていない結果、市場価値が上がっていないと判断されます。

銘柄のスクリーニングでは、PBRを例えば1倍として検索して、結果に出てきた企業の財務を確認します。
数年に渡ってしっかりと利益が出ていて、PBRが1倍ということは、株が買われていないことを意味します。
とはいえ、PBRも万能な指標では有りませんから、何かの理由で株価が上がっていないとも考えれます。

その場合は、有価証券報告書にある貸借対照表や損益計算書を読み込んで、原因を探るのが安全な投資の第一歩となります。

関連記事